麗しき銀幕の住人たち(女優館)

月影の窓のむこうに、なつかしくあえかに広がる夢と幻想の世界。魅せられしは美しき銀幕の名花たち。                                   其処に埋もれるのは私の心であり源であろう。永久なる夢と浪漫に愛を込めて。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
AnnaKarinacinemachouchou.jpg

1940年9月22日 デンマーク・コペンハーゲン生まれ

18歳でパリにやって来てゴダール映画にてデビュー(1960年から1964年まではゴダール夫人)!「アルファヴィル」を観てカッコイイ★と心は鷲掴みされたように想います。今も時々素敵な脇役で登場されては嬉しくなるのです♪

◆代表作◆
ぼくセザール 10歳半 1m39cm (2003)
パリでかくれんぼ (1995)  
黒の過程 (1988)  
タンジール/復讐の熱い夏…1956 (1987)  
シナのルーレット (1976)  
ザルツブルグ・コネクション (1972)  
悪魔のような恋人 (1969)  
アレキサンドリア物語 (1969)  
異邦人 (1968)  
怪奇と幻想の島 (1968) 
愛すべき女・女(め・め)たち (1967)  
メイド・イン・USA (1967)
修道女 (1966) 
アンナ (1966)  
アルファヴィル (1965)  
気狂いピエロ (1965)
国境は燃えている (1965)  
スタンダールの恋愛論 (1965)
輪舞 (1964)  
はなればなれに (1964)  
シェラザード (1963)  
女と男のいる舗道 (1962)  
女は女である (1961)  
5時から7時までのクレオ (1961)  
小さな兵隊 (1960)


『作品を検索』


デンマーク出身
スポンサーサイト
テーマ:俳優・女優 - ジャンル:映画
    posted at 13:36 | 女優(フランス・ベルギー) | TB(0) | CM(2)

この記事に対するコメント

いつもありがとうございます♪
台湾人さま、いつもありがとうございます。
ブログも拝読させて頂いております。
祖国を離れるということは大きな決心ですものね...。その国によって時代によっても状況が異なるので一概に言えないのですが、アンナ・カリーナはフランスを代表する女優さまとして今も現役です。台湾ではアンナ・カリーナの出演作が観れないのですね。でも、台湾人さまはお若いお方ですのに古い女優さまのこともよくご存知ですね♪また、こちらも更新してゆきますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します☆
【2009/03/05 08:43】 URL | chouchou #z8Ev11P6 [ 編集 ]

綺麗で可愛い女性ですね
台湾ではまだ彼女の出演作を見れる機会がなくDVDも発売されていませんが、是非彼女の作品を見てみたいです。

私も彼女と同じ愛されたくて祖国を離れ、外国で新しい生活を始めたいという願望があります。
【2009/02/21 21:53】 URL | 台湾人 #D9.4zkVk [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














この記事に対するトラックバック

プロフィール

chouchou

Author:chouchou
『音楽と映画の宝石箱』の女優館(女優讃歌)のような場所を別に作らせて頂きました。個人的に大切にしている映画人方の書籍や文献、お友達から頂いた映画資料たちにもお世話になりますので感謝致します。欧米に偏っておりますが御了承下さい。映画の歴史は100年を超え、その途中からですが息絶えるまでずっと一緒にいたいと思います。多くの名花たち、個性派の魅力的な女優さまたちは映画の中で輝き続けています。夢と希望とロマンを与えてくださる美しき世界に愛を込めて★

★女優讃歌
最近の記事
ブログ内検索

ブログ全記事表示
マイ・ブログ
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード

QRコード

ご来訪
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。