麗しき銀幕の住人たち(女優館)

月影の窓のむこうに、なつかしくあえかに広がる夢と幻想の世界。魅せられしは美しき銀幕の名花たち。                                   其処に埋もれるのは私の心であり源であろう。永久なる夢と浪漫に愛を込めて。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
SilvanaManganocinemachouchou.jpg
1930年4月23日 イタリア・ローマ生まれ 没年1989年12月16日

『にがい米』が初期の代表作ですが、60年代~70年代にはパゾリーニやヴィスコンティ作品で、強烈な頽廃的な美しさを残されたお方。素敵です♪









◆代表作◆
黒い瞳 (1987)
砂の惑星 (1984)
家族の肖像 (1974)
ルードウィヒ/神々の黄昏 (1972)
ベニスに死す (1971)
デカメロン (1970)
テオレマ (1968)
アポロンの地獄 (1967)
華やかな魔女たち (1966)
私は宇宙人を見た (1964)
バラバ (1962)
五人の札つき娘 (1960)
戦争・はだかの兵隊 (1959)
テンペスト (1959)
海の壁 (1958)
人間と狼 (1957)
マンボ (1954)
ユリシーズ (1954)
アンナ (1951)
紅薔薇は山に散る (1950)
シーラ山の狼 (1949)
にがい米 (1948)

『作品を検索』


また、追記・更新致します。
スポンサーサイト
テーマ:俳優・女優 - ジャンル:映画
    posted at 12:32 | 女優(イタリア) | TB(0) | CM(2)

この記事に対するコメント

美しいマンガーノ様!
uomoさま。

コメントをありがとうございます!お返事が遅れまして申し訳ございません!

「鉄道員」を放送していたのですね。春先から多忙続きでテレビの映画チェックも怠っているのです(苦笑)。イタリア映画も良いですよね。私は兎に角!ヴィスコンティが大好きですので☆

カルディナーレも好きです。

>マンガーノ作品はなにかみていらっしゃいますでしょうか

はい。映画等のブログにも少し感想を綴っておりますが、今のところ、観た作品は上のリストの中では以下のものです。

黒い瞳 (1987)
砂の惑星 (1984)
家族の肖像 (1974)
ルードウィヒ/神々の黄昏 (1972)
ベニスに死す (1971)
デカメロン (1970)
テオレマ (1968)
アポロンの地獄 (1967)
華やかな魔女たち (1966)
五人の札つき娘 (1960)
戦争・はだかの兵隊 (1959)
マンボ (1954)
にがい米 (1948)

初期の作品など、まだ未見のものがあります。60年代後半以降のマンガーノがお若い頃よりも私は好きです♪

これからもよろしくお願いいたします!
【2009/08/11 11:24】 URL | chouchou #z8Ev11P6 [ 編集 ]


初めまして。
2ねんまえですが、いまみました。ベニスに死すの、シルバーナ・マンガーノが忘れられなく、
今日こちらの掲載写真をみて、また驚いた次第です。
今日、NHKでイタリア映画、鉄道員をみたことで、イタリア女優と検索してみたのです。
これからイタリア映画にはまろうかなあ〜。

20代の頃はクラウディア・カルディナーレが大好きでした。
マンガーノ作品はなにかみていらっしゃいますでしょうか?
【2009/07/02 17:35】 URL | uomo #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














この記事に対するトラックバック

プロフィール

chouchou

Author:chouchou
『音楽と映画の宝石箱』の女優館(女優讃歌)のような場所を別に作らせて頂きました。個人的に大切にしている映画人方の書籍や文献、お友達から頂いた映画資料たちにもお世話になりますので感謝致します。欧米に偏っておりますが御了承下さい。映画の歴史は100年を超え、その途中からですが息絶えるまでずっと一緒にいたいと思います。多くの名花たち、個性派の魅力的な女優さまたちは映画の中で輝き続けています。夢と希望とロマンを与えてくださる美しき世界に愛を込めて★

★女優讃歌
最近の記事
ブログ内検索

ブログ全記事表示
マイ・ブログ
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード

QRコード

ご来訪
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。