麗しき銀幕の住人たち(女優館)

月影の窓のむこうに、なつかしくあえかに広がる夢と幻想の世界。魅せられしは美しき銀幕の名花たち。                                   其処に埋もれるのは私の心であり源であろう。永久なる夢と浪漫に愛を込めて。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
CARDINALEcinemachouchou

1938年4月15日 チュニジア・チュニス生まれ
本名:Claude Joséphine Rose Cardinale

”イタリア女優”というとやはり指折りに入るお方。クラウディア・カルディナーレもまた私はヴィスコンティ作品で知ったのですが、その後とっても大好きな作品たちに次々と出会うことになりました。今も現役なのは嬉しいかぎりです。まだ10数本未見の作品があるようです。特にマフィアの付くタイトル作品を全く観ていないのでいつの日にかと願っています♪

◆代表作◆
マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶 (2006)  
男と女 アナザー・ストーリー (2002) 
キンスキー、我が最愛の敵 (1999)  
デザート・オブ・ファイアー (1997)  
ピンク・パンサーの息子 (1993)  
ア・マン・イン・ラブ (1987)  
ザ・ヒットマン/イタリアン・マフィア血の抗争 (1987) 
愛と哀しみの絆 (1986)  
クラレッタ・ペタッチの伝説 (1984)  
プリンセス・デージー (1983) 
フィツカラルド (1982)  
わたしは贈りもの (1981) 
狂える戦場 (1980) 
オフサイド7 (1979)  
狼の日曜日・狂暴ジャック (1978) 
鉄人長官 (1977)
ナザレのイエス (1977)  
白熱マフィア戦争/皆殺しの抗争 (1977) 
暗黒街の紋章/マフィアに血は生きる (1974) 
家族の肖像 (1974)  
ラ・スクムーン (1972)  
華麗なる対決 (1971)
太陽の200万ドル (1971) 
SOS北極.../赤いテント (1970) 出演  
勇将ジェラールの冒険 (1969) 
ウエスタン (1968)
恋人泥棒 (1968)  
マフィア (1968)  
アフリカ大空輸 (1967)
サンタモニカの週末 (1967)  
プロフェッショナル (1966)
名誉と栄光のためでなく (1966)  
熊座の淡き星影 (1965)
目かくし (1965)
気ままな情事 (1964)
サーカスの世界 (1964)  
8 1/2 (1963)  
ピンクの豹 (1963)  
ブーベの恋人 (1963)  
山猫 (1963)
鞄を持った女 (1961)  
大盗賊 (1961)  
ビアンカ (1961)  
暗殺指令 (1960)
汚れなき抱擁 (1960)
太陽の誘惑 (1960)  
若者のすべて (1960)  
上と下 (1959)  
女は選ぶ権利がある (1959)  
刑事 (1959)  
ナポレオン アウステルリッツの戦い (1959)


山猫 イタリア語・完全復元版山猫 イタリア語・完全復元版
(2005/06/25)
バート・ランカスター、アラン・ドロン 他

商品詳細を見る

ブーベの恋人 (トールケース)ブーベの恋人 (トールケース)
(2004/02/25)
クラウディア・カルディナーレ、ジョージ・チャキリス 他

商品詳細を見る

華麗なる対決華麗なる対決
(2004/09/03)
クラウディア・カルディナーレ、ブリジッド・バルドー 他

商品詳細を見る



『作品を検索』

スポンサーサイト

テーマ:俳優・女優 - ジャンル:映画
    posted at 11:37 | 女優(イタリア) | TB(0) | CM(2)

この記事に対するコメント

大人の女性らしさのような☆
薔子様。

CCにコメントを頂きありがとうございます!!はい、「熊座の淡き星影」も大好きです♪CCの雰囲気は「熊座の淡き星影」の方がより好きかもしれません。

以前は大人の女性らしさを見ようとしなかったのだと想うのですが、歳を重ねてゆく中でそんな魅力にもクラクラするようになりました(笑)。それにしても、私は実に女性好きで気が多いです。ある男性の友人とやたら好きな女優さまが同じなのでお話が弾んでいたのですが、ふと、その方に”女性と女性の趣味が合い過ぎるって変な感じ”と笑われましたです。

薔子様とも合うので嬉しいです〜♪
いつもありがとうございますv-254
【2008/07/11 08:59】 URL | chouchou #z8Ev11P6 [ 編集 ]

CC
「山猫」も大好きな作品ですが、ヴィスコンティのCC作品では「熊座の淡き星影」が大好きです。
イタリアの女優さん方はラテン系特有の気だるさや大人っぽい美しさがありますね。

風の強いなか、髪をスカーフですっぽりと包んだ立ち姿の美しさが目に焼き付いています。
【2008/07/10 00:54】 URL | 薔子 #/HbjgtQ. [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














この記事に対するトラックバック

プロフィール

chouchou

Author:chouchou
『音楽と映画の宝石箱』の女優館(女優讃歌)のような場所を別に作らせて頂きました。個人的に大切にしている映画人方の書籍や文献、お友達から頂いた映画資料たちにもお世話になりますので感謝致します。欧米に偏っておりますが御了承下さい。映画の歴史は100年を超え、その途中からですが息絶えるまでずっと一緒にいたいと思います。多くの名花たち、個性派の魅力的な女優さまたちは映画の中で輝き続けています。夢と希望とロマンを与えてくださる美しき世界に愛を込めて★

★女優讃歌
最近の記事
ブログ内検索

ブログ全記事表示
マイ・ブログ
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード

QRコード

ご来訪
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。